アフィリエイト広告を利用しています

紫外線が白髪頭にする?髪の傷みよりも怖いのです!

太陽光 頭皮の紫外線ケア忘れていませんか? 紫外線を浴びると髪が痛み、枝毛、切れ毛、退色してしまうのは、聞いてもいるし、実際に経験されていると思います。

でも、髪は最悪傷んでもいいんです! また生えてくるから。 まずいのは、頭皮に浴びる紫外線UV-A、UV-Bです。 髪を作る頭皮がやられてしまうと、これから作られる髪に影響が出てしまうのです。 <% index %>

紫外線を浴びると頭皮に何が起こる?

頭皮も身体の他の皮膚と同じく紫外線を浴びるとダメージを受けてしまします。

頭皮が多少日焼けして黒くなっても日本人の髪はたいてい黒ですので、それ自体は問題ないでしょう。 それよりも、紫外線が色素を作っている色素幹細胞にダメージを与えることが問題です。色素幹細胞がダメージを受けると黒い髪を作れなくなり、白髪になる原因となってしまうのです。

もうひとつ、紫外線を浴びた頭皮は、活性酸素を発生して頭皮から分泌されている皮脂を酸化させます。皮脂が酸化すると頭皮が硬くくなり老化が進んでしまいます。 老化が進むと白髪の原因につながります。

活性酸素: 活発な酸素で「酸化させる力」が強力。体に必要なもので、殺菌作用も強く体内に入り込んだ最近を駆除したり、酸素の働きを促したりする効果があります。 健康を維持していく上で必要なものですが、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうことがあります。

髪の毛で日光をさえぎっているので頭皮は大丈夫では?

頭皮は髪でおおわれているので光がさえぎられているのでは?と考えがちですが、髪を通して紫外線の光は頭皮に到達してしまうそうです。

日本人の黒髪は遮光の性能が良いのですが、それでも完全に遮ることはできないようです。 髪型にもよりますが、髪に分け目があったりすると、その部分の頭皮が露出するため紫外線の影響を受けやすくなります。つむじも露出しやすいですね。

紫外線をさえぎるにはどうする?

UVカットアイコン

簡単で効果的なのは

  • 帽子
  • 日傘
  • なるべく日光にあたらない
  • UVカットのヘアスプレー(落とすときが大変)

紫外線は夏だけでなく一年を通して降り注いでいます。

  • 日陰でも散乱してくる日光がある。
  • 雨の日でもゼロではない。
  • 高い山では空気が澄んでいるので紫外線が強い。
  • 雪、水面からの日光反射は強力。

紫外線の心配がいらないのは、夜だけですね!

飲む紫外線サプリ(日焼け止めサプリ)を併用して予防する

最近では、飲む日焼け止めサプリが多種発売されていますので、利用するのもありではないでしょうか。 従来の日焼け止めと比較してメリット

  • 飲むだけで紫外線対策ができる。
  • 肌に直接塗る必要がないため、べたつかない。
  • 数時間おきに塗りなおす必要もない。
  • 汗をかいても塗りなおしなどが必要ない。
  • そもそも、塗らないので、塗る時間も必要ない。
  • しっかり洗い落とさないと毛穴に残留してしまうなど気にする必要なし。
  • 頭皮に塗らなくても日焼け対策になる。
  • 全身まんべんなく効果、塗り忘れのたなどのミスがない

デメリット

  • 比較的高価

頭皮だけでなく全身の美容に!紫外線(日焼け止め)サプリは必須なアイテムになるかも! なんかブレイクしそうですね。

 

飲む日焼け止めサプリ

焼けたくない貴方に。飲む日傘サプリメント「インナーパラソル16200」

インナーパラソル16200 インナーパラソル16200

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

利尻ヘアカラートリートメント