白髪さんの色づけ

白髪が増えすぎた場合は、白髪染めをすることが一番の対策です。 白髪が多いときは染めましょう。

白髪染め

でも、肌が弱い方は注意してくださいね。
染料によっては、かぶれたりダメージを与えてしまうものもあります。 肌が弱くかぶれやすい方は、必ず「パッチテスト」を行ってから染めるようにしてください。 パッチテストとは、皮膚のアレルギー反応を見るテストのことです。

パッチテストのやり方
小皿などに白髪染めを少量(パール大ぐらい)を出し、水を一滴垂らして綿棒で混ぜます。 二の腕の内側に、水で溶いた液を市販の綿棒などで10円硬貨大ぐらいに塗ります。 その後、乾かしてそのまま48時間たっても、かゆみや赤みなど何も異常がなければ、使用してもOKです。
 

白髪染めでよく使われる染料は3つあります。 (白髪染めの方法)

1.ヘアマニキュアタイプ。。。。半永久染毛料    (今、一番人気のある”白髪染めヘアカラートリートメント”、白髪染めシャンプー)

2.ヘナ。。。。。。。。。半永久染毛料  (紀元前より使われている植物染め)

3.ヘアカラー。。。。。。永久染毛剤  (昔からある2液混合タイプ) それぞれの染料には、よい点、悪い点があるので、ご自身の目的や体質に応じて選ぶようにしてください。 染毛、染毛の違いは、⇒染毛剤、染毛料

1.ヘアマニキュアタイプは、肌や髪へのダメージを避けたい人にオススメです

髪にやさしい白髪染め ヘアマニキュアタイプは、髪の毛に化学反応を起こさずコーティングして色づけするため、肌への負担も少なく、かぶれない白髪染めと言えます。 負担が少ないといっても、肌は人それぞれ差がありますので、念のためパッチテストをしておくと安心です。

ただし染まり方は、一度で真っ黒というわけにはいきません、繰り返し染めることで黒くなります。 この点は面倒なように思われますが、逆に利点にもなります。 利点とは、繰り返し染めるということで、白髪さんが伸びてくると同時に染めてしまえますので、生え際や分け目の辺りだけ白く目立つことがありません。

2.ヘナは、ナチュラル志向の方にオススメです

髪や頭皮に優しいといわれている植物由来の染料を使用しています。 ヘナで髪が染まる仕組みは、ヘアマニキュアと同じで髪や頭皮には負担が少ないです。 ただ、ヘナだけで染めた場合、淡い赤~淡い褐色の色がつくだけなので、真っ黒に染めることはできません。

それをカバーするために、ヘナ以外の色素を入れて黒く染めることができる商品もあり、こうした色素がアレルギーやかぶれの原因になったりもすることがあります。 ですから、ヘナを使うときにもパッチテストをした方が安心です。

3.ヘアカラーは、色を長持ちさせたい人にオススメです

「白髪染め」として市販されているものは、このヘアカラーに相当します。 2液を混合するタイプ。 ヘアカラーは、髪の毛の中で化学反応を起こし髪のキューティクルを強引に開き内部に染色が入り髪の毛を染めるので、色持ちがよいですが、髪が伸びてくると生え際や分け目の辺りが目立って来てしまうのでマメなケアが必要です。 化学反応を起こさせるため、髪や肌への刺激も強く、肌が弱い人は避けた方がいいかもしれません。

白髪染めによっては、 かぶれ、発疹などが発生する場合もありますので、ヘアカラーをするときはパッチテストをしましょう。 以上のように、白髪を染める染料にはそれぞれ、よい点・悪い点がありますので、しっかりとチェックして自分にあったものを選んでくださいね。 自分で染められる、髪と肌にやさしい「ヘアマニキュアタイプ」の詳細は

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

利尻ヘアカラートリートメント

 

白髪さんの色づけ

Posted by kirei