白髪さんの色づけ

白髪さんの色づけ 「ヘアマニキュア」「ヘナ」「ヘアカラー」

白髪が増えすぎた場合は、白髪染めをすることが一番の対策です。

 

白髪が多いときは染めましょう。

 

 

白髪染め

 

 

でも、肌が弱い方は注意してくださいね。

染料によっては、かぶれたりダメージを与えてしまうものもあります。
肌が弱くかぶれやすい方は、必ず「パッチテスト」を行ってから染めるようにしてください。
パッチテストとは、皮膚のアレルギー反応を見るテストのことです。


パッチテストのやり方

小皿などに白髪染めを少量(パール大ぐらい)を出し、水を一滴垂らして綿棒で混ぜます。
二の腕の内側に、水で溶いた液を市販の綿棒などで10円硬貨大ぐらいに塗ります。
その後、乾かしてそのまま48時間たっても、かゆみや赤みなど何も異常がなければ、使用してもOKです。

 

 

白髪染めでよく使われる染料は3つあります。 (白髪染めの方法)

 

1.ヘアマニキュアタイプ。。。。半永久染毛料  

 

 (今、一番人気のある”白髪染めヘアカラートリートメント”、白髪染めシャンプー)

 

 

2.ヘナ。。。。。。。。。半永久染毛料

 

 (紀元前より使われている植物染め)

 

 

3.ヘアカラー。。。。。。永久染毛剤

 

 (昔からある2液混合タイプ)

 

 

それぞれの染料には、よい点、悪い点があるので、ご自身の目的や体質に応じて選ぶようにしてください。

 

 

 

染毛、染毛の違いは、⇒染毛剤、染毛料

 

 

 

1.ヘアマニキュアタイプは、肌や髪へのダメージを避けたい人にオススメです。

 

髪にやさしい白髪染め

 

ヘアマニキュアタイプは、髪の毛に化学反応を起こさずコーティングして色づけするため、肌への負担も少なく、かぶれない白髪染めと言えます。

 

負担が少ないといっても、肌は人それぞれ差がありますので、念のためパッチテストをしておくと安心です。

 

ただし染まり方は、一度で真っ黒というわけにはいきません、繰り返し染めることで黒くなります。 この点は面倒なように思われますが、逆に利点にもなります。

 

利点とは、繰り返し染めるということで、白髪さんが伸びてくると同時に染めてしまえますので、生え際や分け目の辺りだけ白く目立つことがありません。

 

 

 

2.ヘナは、ナチュラル志向の方にオススメです。

 

 

髪や頭皮に優しいといわれている植物由来の染料を使用しています。

 

ヘナで髪が染まる仕組みは、ヘアマニキュアと同じで髪や頭皮には負担が少ないです。
ただ、ヘナだけで染めた場合、淡い赤〜淡い褐色の色がつくだけなので、真っ黒に染めることはできません。

 

それをカバーするために、ヘナ以外の色素を入れて黒く染めることができる商品もあり、こうした色素がアレルギーやかぶれの原因になったりもすることがあります。
ですから、ヘナを使うときにもパッチテストをした方が安心です。

 

 

 

3.ヘアカラーは、色を長持ちさせたい人にオススメです。

 

 

「白髪染め」として市販されているものは、このヘアカラーに相当します。 2液を混合するタイプ。

 

ヘアカラーは、髪の毛の中で化学反応を起こし髪のキューティクルを強引に開き内部に染色が入り髪の毛を染めるので、色持ちがよいですが、髪が伸びてくると生え際や分け目の辺りが目立って来てしまうのでマメなケアが必要です。

 

化学反応を起こさせるため、髪や肌への刺激も強く、肌が弱い人は避けた方がいいかもしれません。

 

白髪染めによっては、 かぶれ、発疹などが発生する場合もありますので、ヘアカラーをするときはパッチテストをしましょう。

 

 

 

以上のように、白髪を染める染料にはそれぞれ、よい点・悪い点がありますので、しっかりとチェックして自分にあったものを選んでくださいね。

 

自分で染められる、髪と肌にやさしい「ヘアマニキュアタイプ」の詳細は

 

 

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  

白髪さんの色づけ記事一覧

究極に手軽なのは、シャンプータイプ、でも染まりもよく、色持ちもよいトリートメントタイプが総合的には手軽です!白髪染めにはいくつか種類があります。大まかに分けると。・2液を塗る前に混ぜるもの。・トリートメントと同じように髪に塗るもの。・シャンプーと同じように洗うだけのもの。2液を塗る前に混ぜるものは、従来の方式で、染まりは良いのですが、髪と頭皮が傷みます。トリートメントタイプは、いま主流で天然無添加...

あなたは、価格が高いのと安価なのはどちらが良いですか?・・・どういうこと?価格だけでは見えてこない安さを考えるのが ”本当に安いのは?どのタイプ?” です。白髪染めをたくさん売っているのは、ご存知の通り近くのドラッグストア(最近のドラッグストアはスーパーみたいですね)です。安いもので700円ぐらいからあります。種類もクリームタイプ、泡タイプ・・色もおしゃれ染めみたいにたくさんあり、なにがなんだかわ...

・白髪染めで染めた後、頭皮がヒリヒリする。・染めているとき、嫌な臭いがする。・染めた後、毎回髪が傷むので後が大変。・頭皮に付くとなかなか落ちない。従来の白髪染めのイメージは、このような感じでした。化学染料を使用したタイプの白髪染めに多く見られる使用感です。これでは白髪染めが苦痛になってしまいます。いま人気のある白髪染めは、そんなことありません。髪と頭皮にやさしい天然無添加の「トリートメントタイプ」...

消費者庁公表「毛染めによるアレルギーに御注意!」消費者庁・消費者安全調査委員会は、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しています。」「酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすい」という内容です。酸化染毛剤の代表的なものは、ジアミン系の化学染料です。ドラッグストアで売っている比較的安価な1剤と2剤を混ぜるようなタイプの白髪染めに含まれています...

美容院で白髪染めをしてもらったことがあるなら、綺麗な仕上がりに満足されていると思います。楽ですよね!お金の出費以外は。でも、自分で染めてもキレイに自然に仕上がる方法もあるんです。自分でやるので手間は多少かかりますけど。それは、天然無添加のトリートメント・タイプの白髪染めです。天然無添加って?天然無添加とは:よくある1剤と2剤を混ぜて染めるタイプのような、酸化染毛剤ジアミン、髪を脱色する過酸化水素水...

page top