シャワーを使うと残留塩素を毎日浴びて髪と肌を痛めてるって知ってた?

 

白髪染めは、髪と頭皮に優しいトリートメント・タイプを用意。 シャンプーもノンシリコン・アミノ系シャンプーを買ったのでこれでバッチリ!!

 

これでバッチリと思っていたらまだまだです。

 

何か足りないものがありませんか?

 

 

なかなか気づかないんですけども髪の毛を洗う時は必ずシャワーでお湯を使いますよね。

 

 

だから・・・? そんなのあたりまえ!

 

 

その水ってどんな水使ってますか?

 

 

どんな水って言ったって普通に飲み水と一緒で、シャワーに出てくるだけです!  お風呂で使う水ですよ。なんでそんなこと聞くんですか?

 

 

実はその水には消毒のために次亜塩素というものが使われています。 その次亜塩素が水の中に残っているので髪や肌に着くとキューティクルの痛みの要因になってしまうんです。

 

 

え~そうなんですか? 毎日使ってますよ。

 

残留塩素が髪のキューティクルを壊し、肌のバリア機能にも影響

水道水を作るとき、殺菌するために添加された次亜塩素は、殺菌後も残留塩素として家庭まで届きます。

残留塩素が髪につくと、キューティクルのタンパク質が酸化・分解されてしまいます。 これが枝毛、切れ毛、フケ、カユミなどの原因となることがあります。

残留塩素は肌にも影響します。肌のタンパク質を酸化させ皮膚の保湿力が低下してしまいます。

そうなると、角質層の配列に乱れが生じ、刺激を受けやすくなったり、細菌アレルゲンの侵入に対して防御が弱くなり、敏感肌やアトピー性皮膚炎を誘発しやすくなります。

シャンプー時には、髪の毛と頭皮にこの残留塩素がついてしまいますので、シャンプーごとに髪と頭皮を傷めていることになります!

女性の髪は印象を決定づけてしまいます!
髪は「顔の額縁」、髪の良し悪しが印象を決めてしまいます。

濡れた髪の扱いを間違えると大変なことに!
【恐怖】髪の空洞化っていうTV番組ガッテンを見たときの衝撃!

 

旅行先で違いがハッキリわかるんです

家で残留塩素を除去するシャワーヘッド使っていて旅行とかに行った場合、そのシャワーヘッドを持っていくわけにはいきません。

旅先で何日か宿泊してると、あーもう早く家に帰って家のシャワーで浴びたいと思っちゃいます! たとえ自分のシャンプー、自分のトリートメントを持って旅行に行ったとしてもどうしても水が違うんですよ。

髪の手触りがゴワゴワギシギシというになってしまって困るんです。 旅行に行った時は仕方ないですよね、さすがに自分専用のシャワーヘッドを持っていくわけにも行きませんし残留塩素を処理してある旅館なんてあまり聞いたことありません。

でも家の場合は毎日使うので影響は大きいと思うんですよ! 飲み水にフィルターを通しておいしくしたりしてる人はかなりいると思いますが、髪と肌のためにシャワーヘッドを交換している人はまだまだ少ないと思います。

サイト管理人の家のシャワーの場合、残留塩素を除去するトレビーノ・トレシャワーっていうのを15年ほど使っています。 きっかけは、特にないんですが、「髪を大切にするなら洗髪に使うシャワーの残留塩素の除去が必要」なんていう記事を見たからだったと思います。 髪の毛だけでなく肌にもいいのでアトピーがある人にも優しいので日本アトピー協会推薦品だそうです。 ということは頭皮にもいいということですよね!

 

どんなふうに使っている?

特にアトピーの人がいるわけではないんですけども、元々髪と肌にいいということで使い始めて、もうあたりまえになってしまっています。

トレビーノトレシャワーのシャワーヘッドは塩素を除去するしないをシャワーヘッドのところについているスイッチで切り替えられるんですけども とにかくシャワーを使う時は ずっとオンのままです。 入れ忘れているとがっかりしますよね。なので、このような使い方をしています。 残留塩素除去で、髪と頭皮、全身の肌に優しい環境をつくり、快適シャワーにしたいですね。

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

利尻ヘアカラートリートメント