白髪染めQ and A

白髪染めQ and A

 

髪にやさしい白髪染めQ and Aで基本的なものを、ご紹介します!

 

 

 

生え際の肌が黒くなってしまいます。

染めた際に、生え際の肌に付いてしまった染毛剤で肌が黒くなってしまうことがあります。

 

あらかじめ顔の周りの髪の生え際ぎりぎりのところと耳の先や耳たぶ、耳の後ろ側にコールドクリームを塗っておけばキレイに落ちます。

 

毛染め用イヤーキャップを使えば、耳に付く染毛剤を気にせずにすみます。とてもスムーズに毛染めが出来ます。

 

使い捨てイヤーキャップは、ドラッグストア、通販で手に入れることができます。

 

自分で染める場合、どこで染める?

染毛剤が家の壁、布についたら大変なことになります。

 

お風呂で染める

 

一番安全なのは、バスルームの洗い場です。

 

お風呂に入る時に一緒に染めるのがおすすめです。

 

特に、シャンプータイプのヘアマニキュアなどは、バスルームでの使用が一番です。

 

 

 

どのくらいの頻度で染める?

髪はすぐ伸びてきますので、2週間もすれば根元が気になりだします。美容院を利用されている方は、リタッチを行わなければなりません。 

 

自分で染める場合は、根元が白くなり気になりだす前に、いつでも染めることができます。 肌にやさしいヘアマニキュアやヘナであれば比較的安心です。 

 

 

染めるとき手袋は必要?

手袋は必ず使用されたほうが良いです。 特に、爪と皮膚の間は染み込むとなかなか落ちません。 手袋は使い捨ての薄手のものを箱買いしておいたほうが便利です。

 

 

洗い流すとき足の爪が染まる!

繰り返し白髪染めを洗い流すと、足の爪が染まってきます。 ペディキュアをしている方は特に注意が必要! なるべく足をどける必要があります。

 

 

メガネの人はどうすればいい?

染毛剤がメガネについてしまったら困るので、はずして染めようとすると今度は、生え際など細かいところが見えません。 目が良い方にはなんでもないことがハードルになったりします。

 

このような場合は、古いメガネを取り出しましょう。 もう使わないだろうと思っていた、度が多少合わないものでも役に立つことでしょう。 白髪染め専用メガネにしてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  
page top