白髪染めが染まらない!!

今までのケアが染まりにくくしている場合があります

TSU〇A〇Iシャンプー(資〇堂)に代表されるシリコン入りのシャンプーを使っていると白髪染めが入らない。

美容室の方が言っている。 使っている頻度と期間によるが、最悪1~2か月シャンプーを変えてから白髪染めをしないと染毛剤が入らない人がいるようです。

シリコン入りシャンプーは、サラサラの指どおりになりますが、髪に重なるように積もってゆき、さらに、残ってしまったシリコンが頭皮を覆ってしまい、頭皮や毛穴に負担を与えてしまいます。

毛根断面図2

毛根断面図3

                     シリコンが積もって膜となっている状態
                     (区別しやすいように赤で表示)

これでは、白髪染めの成分がシリコンの膜にはじかれてしまい染まりにくくなってしまいます。

シャンプー後にするトリートメントの美髪成分も浸透しにくくなります。

このように、シリコンは、白髪染めには邪魔なものとなってしまうのです。

シリコンが配合されているのは、キューティクル保護、手触りとツヤなどのためですが、髪の毛を中から補修したり、強くすることは出来ません。

ノンシリコンのシャンプーに変更しましょう。 今ではシリコンを含んでいないシャンプーもたくさんあります
 
    ⇒ノンシリコンシャンプー使用で染まりやすくする

ノンシリコンシャンプー + 白髪染めトリートメント

シャンプーをノンシリコンにして、やれやれと思ったあなた! リンスやトリートメントにもシリコンが入っていることが多いです。その他、ワックスやヘアスプレー等にも入っているので、注意してくださいね。

あれやこれやと使うのではなく、ノンシリコンシャンプー + 白髪染めヘアカラートリートメントの組み合わせがgood!

ノンシリコンシャンプーでシャンプー本来の目的である洗うを行い、余計なものを堆積させず、白髪染めヘアカラートリートメントで、 白髪染めと同時に髪の補修を行いましょう。

髪のケアは、今人気のある白髪染めとケアが同時にできる、白髪染めヘアカラートリートメントであれば美髪効果を発揮してくれます。

自分で染められ、今人気のある最新の白髪染めは

      ⇒髪にやさしい白髪染め

白髪を染めて安心してはいけません、髪色だけでなく、髪の質感が見た目の影響を大きく左右します。 簡単な工夫で(ひと手間かかりますが)改善することができます。

改善方法は、⇒髪は「顔の額縁」

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

利尻ヘアカラートリートメント