頭皮脂が多く分泌されると染まらない。特に乾いた髪の白髪染め!

頭皮脂が多く分泌されると染まらない。特に乾いた髪の白髪染め!

 

頭皮脂が多すぎると染まりが悪くなってしまいます。

 

頭皮脂のって、動物性のあぶらのことです。つまり、人の頭皮のあぶらのことです。

 

頭皮から脂が出るっていうことです。頭皮の毛穴から分泌されます。

 

あぶらが頭皮から出てきて頭皮の毛穴や、髪に付着するんです!毎日出ます。

 

そうなると、白髪染めの染め液があぶらではじかれてしまいます。

 

頭鏡を手にする

 

 

頭皮脂って何のため?

頭皮や髪を乾燥から防ぐために毛穴から分泌されます。あまり聞きたくはないと思いますが、頭皮にはかなりの数の細菌が住んでいるそうです。

 

え〜って思ったあなたにもです!常在菌と呼ばれているらしいです。

 

その細菌のエサとしても頭皮脂が必要なんですって!

 

エサを食べて脂肪酸というものをだして肌を弱酸性にしてくれているんですって。

 

弱酸性にすると悪い菌の繁殖を防ぐことができるから、結果、常在菌は良いことをしているのだそうです。

 

ほっ!安心した。

 

な〜んだ。頭皮脂、いいじゃないですか。

 

 

でも、悪い面もあるようなんです。

 

皮脂は最初サラサラなのですが、時間が経って(5時間程度)汚れなどと混ざり合うと粘り気が出てきて酸化も進んできます。

 

酸化とは、空気中の酸素と反応して過酸化脂質という物質になることです。これが、細胞に悪影響を及ぼすそうですので、何日も頭皮をシャンプーしないと良くないです。

 

1日か2日おきにシャンプーして古い頭皮脂を除去する必要があります。

シャンプー1

 

そんな悠長なこと言ってないで、どんどん洗ったほうがいいじゃないですか?一日に2回とか、と思うかもしれませんが、洗いすぎると身を守ろうと体が反応して頭皮脂を過剰に分泌しようとすることになり逆効果になりかねません。

 

洗いすぎると、慌ててたくさん出します。自分の意志で出す量を決められるわけではありません。

 

必要以上に分泌されると頭皮がテカったりべたついたりします。髪もサラサラからベタついた感じになってきます。

 

適度な洗浄力を持ったアミノ酸系シャンプーが良いようです。

 

洗いすぎないシャンプーは、アミノ酸系。
 ⇒シャンプーの種類で白髪染めの色持ちが違うって?アミノ酸系シャンプーが良い!

 

髪をキレイにするには、シャンプーがだいじなんです。意外ですね。
 ⇒髪は「顔の額縁」、髪の良し悪しが印象を決めてしまいます。

 

 

適正な分泌量って?目安などは?

 

頭皮脂が適正なケース。
毛穴のつまりがなくキレイ。フケの発生がなく、頭皮に透明感がある。

 

頭皮脂が少ないケース。
乾燥してかゆみやフケが出るようなら乾燥ぎみ。
女性が多い。

 

頭皮脂が多いケース。
匂いや、頭皮・髪がべたつき、脂っぽいフケが発生。
男性が多い。

 

いつ分泌される?

体が機能していれば、いつも分泌されているそうです。乾燥したりすると余計に分泌され、ストレスなどでも分泌されるそうです。

 

 

頭皮のべたつきなぜ?

シャンプーの使い方以外でも要因があるようですよ!

 

体に良くないことが、頭皮と髪のべたつきにつながります。

 

1、汚れ
朝シャンはダメです。
夜寝る前にその日一日の汚れを洗わないまま寝てしまうと、頭皮がべたつく要因になります。
肌のサイクルは眠っている間に行われますので、汚い頭皮のままでは、正常な肌サイクルの妨げになります。

 

2、食事
肉料理や揚げ物を多く食べると油の過剰摂取につながります。糖質の摂りすぎもよくありません。
油分が中性脂肪となり、汗をとおして頭皮と髪に浸透します。

 

3、生活習慣
ストレスはなんにしてもよくありません。ストレスを受けると過剰に分泌されてしまいます。

 

睡眠不足は、血行も悪くなり頭皮の新陳代謝の働きが悪くなる可能性があります。

 

4、運動不足
これも、血行不良につながります。デスクワークばかりの仕事の方は可能性があります。

 

5、年齢
年をとると筋力が落ち、運動量が減り、基礎代謝が低下します。若いときには消費できていた栄養分が過剰摂取となり頭皮のベタツキを起こしてしまう可能性があります。いつまでも若い気持ちは大事ですが、基礎代謝が落ちてきたら同じ量を食べていては、過剰になってしまいます。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によれば、女性の年齢ごとの基礎代謝は次のグラフのようになっています。

基礎代謝 女性

基礎代謝は、何もしていなくても消費するエネルギーです。生命活動を維持するために必要なエネルギーです。

 

30代を過ぎると基礎代謝は低下していくばかりです。

 

基礎代謝低下の原因は、加齢による「筋肉の衰え」と「心肺機能の低下」といわれています。筋肉量が増えれば基礎代謝も増えますが、筋肉量が減れば基礎代謝は減ります。

 

 

 

まとめ

ラベンダーとミント_圧縮

乾いた髪に塗るタイプの白髪染は、髪の汚れや、頭皮脂が過剰についていると染まりが悪くなります。汚れや頭皮脂が白髪染めをはじいてしまい、浸透できなくなってしまうからです。

 

白髪染めをする前日に頭皮と髪を良く洗い、古い皮脂を落としておきましょう。

 

普段から、頭皮を過剰に洗いすぎないようにしましょう。洗いすぎると体が反応して過剰に皮脂を分泌して逆効果になってしまいます。

 

適度な皮脂は悪い菌の繁殖を防ぐのに必要です。

 

シャンプーの使い方以外にも頭皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。体に良くないことが頭皮脂の過剰分泌につながることがありますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  

 

関連ページ一覧

ノンシリコンシャンプー使用で染まりやすくする

シャンプーicon シリコンが配合されているシャンプーの成分表には、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランという名前が表示されています。どれもシリコンです。ノンシリコンシャンプーは、ノン(否定)シリコンシャンプーですので、これらの成分が含まれていません。⇒白髪染めが染まらない!!の絵にあるようにノン...

≫続きを読む

浴室乾燥機で染まりやすくする!!

浴室4 温風 お風呂の天井に浴室乾燥機が備え付けられていれば、とてもラッキーです。たいていの浴室乾燥機には、暖房モードがありますので寒い時期には入浴30分前くらいから温めると、暖かい状態で入浴できます。その温め時間を流用して、浴室乾燥機の温風で染まりを大幅改善できます。冬場は入浴する前に30分程度温めますので、白...

≫続きを読む

白髪染めの染まりを良くする8つの方法!知らないと損!

あったかい 1、白髪染めを塗る量2、温めること、湿度も大事3、放置時間4、ノンシリコン5、髪の部位で染まりが違う6、乾いた髪、濡れた髪7、ブロッキング8、染める前に勝負は付いている!染める映像でイメージをつかむ髪にやさしい無添加天然素材の白髪染めに共通する、染まりを改善する方法。市販の2液式と違って結構デリケー...

≫続きを読む

効果抜群!新たなブロッキング手法で染まりとやる気をUP!

女性髪 2日に一度の白髪染め、決め打ちして2日に一回と決め必ず染める。えー。2日に一回?多くないですか?すでに嫌な顔をしたあなた!まあ、説明をしますので、良いか悪いかはそれから判断してくださいね!白髪染めを一気にしないってことです。ブロッキングして今日はここ、あさってはここ、という具合。3〜4か所ぐらいにブ...

≫続きを読む

【何がまずいの?】自分で染める白髪染めと美容室の両方使い!!

illust1_02_w600 自分で染めたり、美容室で染めたり、行ったり来たりをするとまずいことになるって? どういうこと?ほんとうは、美容室で白髪染めをしてもらったほうが楽だし、そうしたいのをガマンして自分で白髪染めをしているんです。金銭的にも楽だし。でも、たまには美容室で白髪染めをしてもらい、プロの仕上がりを楽しみた...

≫続きを読む

頭皮脂が多く分泌されると染まらない。特に乾いた髪の白髪染め!

基礎代謝 女性 頭皮脂が多すぎると染まりが悪くなってしまいます。頭皮脂の脂って、動物性のあぶらのことです。つまり、人の頭皮のあぶらのことです。頭皮から脂が出るっていうことです。頭皮の毛穴から分泌されます。あぶらが頭皮から出てきて頭皮の毛穴や、髪に付着するんです!毎日出ます。そうなると、白髪染めの染め液があぶらではじ...

≫続きを読む

アミノ酸系・ノンシリコンシャンプー特集!白髪染めの染まりを決める!

シャンプー1 アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーのオススメ!ノンシリコンだからシャンプー後の髪にシリコンの蓄積なし。アミノ酸系なので、洗いすぎず、適度な皮脂が残せる。アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーは、この2点が重要です。ここにリストしたシャンプーはどれも、無添加・天然由来成分でできたシャンプーという特長があり...

≫続きを読む

page top