【何がまずいの?】自分で染める白髪染めと美容室の両方使い!!

自分で染める白髪染めと美容室の両方使うとまずいことに?

illust1_02_w600

 

自分で染めたり、美容室で染めたり、行ったり来たりをするとまずいことになるって?
 
どういうこと?


 

ほんとうは、美容室で白髪染めをしてもらったほうが楽だし、そうしたいのをガマンして自分で白髪染めをしているんです。金銭的にも楽だし。

 

でも、たまには美容室で白髪染めをしてもらい、プロの仕上がりを楽しみたいじゃないですか。

 

 

 

自分で染めるのは、金銭的な理由だけではないんです!

 

白髪染めの種類を自由に選べ、天然無添加のヘアカラートリートメントが使えます。

 

美容室だと、いくらプロが最適な調合で染め剤を合わせてくれると言っても、2液式なので髪と頭皮が傷む可能性がありますよね。

 

だから、普段は自分で髪にやさしいヘアカラートリートメントで染め、たまに美容室で染めてもらいたいんですよ!

 

 

illust1_02_w600

 

なんでまずいんですか?


美容師さん困っちゃいます。

ガッツポーズの美容師さん

天然無添加のヘアカラートリートメントは髪の表面をコーティングしてしまうので、美容室で使うヘアカラーが浸透しにくくなるようです。

 

  ⇒白髪染め、染まるしくみ ヘアカラートリートメント、ヘアカラーの違い

 

美容師さんが言うには。

 

パーマがかかりにくい。
パーマをすると髪が緑色っぽくなったことがあると聞いたことがありますよ!(過去に美容業界で話題になった。美容師の方はたいてい知っているようです。ただし、情報が確かなのかあいまいらしい。)

 

色が入りにくいけどやりますか?

 

染め剤が浸透しにくいので、期待したほど持たない可能性がありますよ!

 

 

美容師としては、きれいに仕上げるのが仕事ですので、白髪が中途半端に染まるようなことがあっては信用にもかかわるわけです。

 

 

美容室で染めたい場合、2週間〜1月程度ヘアカラートリートメントを使わずに間を開ければ染料が落ちてきて美容室のヘアカラーが浸透するようになります。
(それまでの染める頻度、個人差がありますので目安の期間です)

 

美容師さんにへアカラートリートメントの使用状況を詳しく伝えてくださいね。プロでも状況の説明がなければ髪を見ただけではどのくらいヘアカラートリートメントの染料が残っているのかわからないのです。

 

天然無添加ヘアカラートリートメントを美容室でも使えば?

自分で染める白髪染め、天然無添加のヘアカラートリートメントが人気です。なのにどうして美容室では使用しないのでしょうか?

 

髪と頭皮にやさしいヘアカラートリートメントですが、自分で染めるのはめんどうなことがありますよね!

 

美容室でヘアカラートリートメントでお願いしますと言っても、普通はやってないのです。

 

 

 

ここからは、サイト管理人の想像です。なぜ、美容室でヘアカラートリートメントを施術しないのか?

 

ヘアカラートリートメントは、元々自分で染められる白髪染めとしてスタートして開発販売されました。美容室にとってはライバルである。

 

一度の施術でしっかり染めることができないためプロの美容師としてはやりにくく、髪質による染まり具合にバラツキが大きくコントロールが難しい。

 

染まりかたのバラツキが大きいと、お客様の満足度が安定しないので信用を得にくい。

 

なんといっても、一回できっちり染まらない特長がネックになると思われます。お客様に染まるまで何度も足を運んでくださいというわけにはいきませんしね。

 

 

つまり、染まりが保証できない!のでプロの仕事にならない。

 

天然無添加ヘアカラートリートメントを持ち込んじゃう?

美容室店内

はい、そういう方もおられるようです。近年、天然無添加のヘアカラートリートメントが注目されて髪と頭皮の健康を考える方が美容室に持ち込まれるようです。

 

自分で染めるのが基本なのですが、うまく染められなかったり、めんどうということで、これでお願いっていう具合に。

 

2液式はダメ、でも自分で染めるのも大変。お金じゃないのっていう場合は頼んでみるのもよいかもしれません。

 

どこの美容室でも受け付けてくれるわけではありません。

 

自分で持ち込むヘアカラー(2液式)の場合OKとなっている美容室もあるようですね。ですが、そのような美容室でもヘアカラートリートメントは受け付けていませんとなっている場合が多いようです。

 

やはり、繰り返し染めないとキレイに染まらないということで、仕上がりを気にする美容室とは相いれないものがあるのでしょうか?

 

懇意にしている美容室があれば、やってもらえるかもです。どうなるかわからないよ!という条件付きで。

 

 

まとめ

illust1_02_w600

 

自分で染めたり美容室で染めたりというのは注意する点がありそうですね。


 

 

普段ヘアカラートリートメントを使用して、たまに美容室で染めるのなら、2週間〜1月程度天然無添加ヘアカラートリートメントを使わない期間が必要。

 

美容師さんに天然無添加ヘアカラートリートメントを使用していることを詳しく説明。

 

美容室では普通、天然無添加のヘアカラートリートメントは施術してもらえない。

 

美容室に天然無添加ヘアカラートリートメントを持ち込んで白髪染めをしてもらうのはむずかしい。

 

 

自分で染める?美容室で染める? 天然無添加のヘアカラートリートメントで染めるのなら気持ちの準備が必要な場合があります。

 

初めての白髪染め、気持ちの準備が必要?染めたら長い付き合いになります。

 

 

 

 

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  

 

関連ページ一覧

ノンシリコンシャンプー使用で染まりやすくする

シャンプーicon シリコンが配合されているシャンプーの成分表には、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランという名前が表示されています。どれもシリコンです。ノンシリコンシャンプーは、ノン(否定)シリコンシャンプーですので、これらの成分が含まれていません。⇒白髪染めが染まらない!!の絵にあるようにノン...

≫続きを読む

浴室乾燥機で染まりやすくする!!

浴室4 温風 お風呂の天井に浴室乾燥機が備え付けられていれば、とてもラッキーです。たいていの浴室乾燥機には、暖房モードがありますので寒い時期には入浴30分前くらいから温めると、暖かい状態で入浴できます。その温め時間を流用して、浴室乾燥機の温風で染まりを大幅改善できます。冬場は入浴する前に30分程度温めますので、白...

≫続きを読む

白髪染めの染まりを良くする8つの方法!知らないと損!

あったかい 1、白髪染めを塗る量2、温めること、湿度も大事3、放置時間4、ノンシリコン5、髪の部位で染まりが違う6、乾いた髪、濡れた髪7、ブロッキング8、染める前に勝負は付いている!染める映像でイメージをつかむ髪にやさしい無添加天然素材の白髪染めに共通する、染まりを改善する方法。市販の2液式と違って結構デリケー...

≫続きを読む

効果抜群!新たなブロッキング手法で染まりとやる気をUP!

女性髪 2日に一度の白髪染め、決め打ちして2日に一回と決め必ず染める。えー。2日に一回?多くないですか?すでに嫌な顔をしたあなた!まあ、説明をしますので、良いか悪いかはそれから判断してくださいね!白髪染めを一気にしないってことです。ブロッキングして今日はここ、あさってはここ、という具合。3〜4か所ぐらいにブ...

≫続きを読む

【何がまずいの?】自分で染める白髪染めと美容室の両方使い!!

illust1_02_w600 自分で染めたり、美容室で染めたり、行ったり来たりをするとまずいことになるって? どういうこと?ほんとうは、美容室で白髪染めをしてもらったほうが楽だし、そうしたいのをガマンして自分で白髪染めをしているんです。金銭的にも楽だし。でも、たまには美容室で白髪染めをしてもらい、プロの仕上がりを楽しみた...

≫続きを読む

頭皮脂が多く分泌されると染まらない。特に乾いた髪の白髪染め!

基礎代謝 女性 頭皮脂が多すぎると染まりが悪くなってしまいます。頭皮脂の脂って、動物性のあぶらのことです。つまり、人の頭皮のあぶらのことです。頭皮から脂が出るっていうことです。頭皮の毛穴から分泌されます。あぶらが頭皮から出てきて頭皮の毛穴や、髪に付着するんです!毎日出ます。そうなると、白髪染めの染め液があぶらではじ...

≫続きを読む

アミノ酸系・ノンシリコンシャンプー特集!白髪染めの染まりを決める!

シャンプー1 アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーのオススメ!ノンシリコンだからシャンプー後の髪にシリコンの蓄積なし。アミノ酸系なので、洗いすぎず、適度な皮脂が残せる。アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーは、この2点が重要です。ここにリストしたシャンプーはどれも、無添加・天然由来成分でできたシャンプーという特長があり...

≫続きを読む

page top