効果抜群!新たなブロッキング手法で染まりとやる気をUP!

効果抜群!新たなブロッキング手法で染まりとやる気をUP!

女性髪

 

2日に一度の白髪染め決め打ちして2日に一回と決め必ず染める

 

えー。

 

2日に一回?多くないですか?

 

すでに嫌な顔をしたあなた!

 

まあ、説明をしますので、良いか悪いかはそれから判断してくださいね!

 

 

白髪染めを一気にしないってことです。

 

ブロッキングして今日はここ、あさってはここ、という具合。3〜4か所ぐらいにブロッキングして順番に染めていきます。一巡したらまた最初から。

 

一回の白髪染めで白髪全体を染めたりせず、部分部分で染めていきます。 白髪が全体にある場合でも、部分部分にちらばっている場合にも有効です。

 

ブロッキングとは、ヘアスタイル用語でもあり、髪を小分けにすることです。今回は、部分に分けて染めることをブロッキングと表現しました。

 

ムラにならないの?

心配ですが、まったく問題ありません。もしも、まったく白髪染めをしていないのなら、最初だけ全体染め(白髪部分の)を行ってください。

 

髪にやさしい天然無添加の白髪染めのデメリットとして一回で完全に染まらないというのがあります。

 

この特長を逆手にとって、ブロック分けした染め方でムラなく染めていくのです。

 

 

お風呂には毎日入ると思います。シャンプーして白髪染めがすこしづつ落ちていくのに対抗し,繰り返し染めることで染まりをキープします。一回で極端な差が付きにくいのです。

 

平均化されるイメージです。

 

注意!
2液式のヘアカラーは、一回で染まりますので、この手法は使えません。使ったら確実にムラができてしまいます。

 

この染め方のメリット なんでこんなことする?

illust1_03_w600

 

 

 

 

 

 

 

髪の長い方にオススメな方法です!



メリット:

  1. 一回の塗布時間が髪の一部しか染めないため短い
  2. 範囲が小さいため集中して丁寧にできる。
  3. 2日に一回のペースと決めることで、新たな白髪の伸びを気にすることなく単純
  4. 塗布している時間が短いので手が疲れない
  5. 一度に髪全体となると、おっくうになるが、一部分なので気軽
  6. 同じペースで染めるので習慣になってくる。苦痛でなくなる
  7. 白髪染めの使用量が減る。ブロック化した白髪の部分のみ塗布するため!

 

 

自分で染める白髪染めが苦痛と感じているなら、ぜひ、試してくださいね。回数は多くなりますが、手軽ですので、結果的に気が楽になるかも!

 

回数も多少調整可能かも!3日に一回?おさまりのいい日数に調整してくださいね。

 

 

この染め方のデメリット

染める回数は増えます。

 

一回に集中して気合を入れて、今日は染めるぞーというやり方を好む方には向いていません。

 

 

まとめ

サイト管理人の妻は、この方法を実践しています。髪は長めで一回で染めるには塗布時間が長くかかり、腕が疲れてしまうそうです。

 

このブロッキング方法にしてから、回数は増えたものの楽になっているそうです。

 

  1. 髪が長めの方は、試してみる価値あり!!
  2. ショートヘアの方はブロック分けしなくてもOK。

 

髪が長めのあなたに試してほしいです! 役に立たなかったら簡単にやめられます、リスクフリーです。

 

 

 

 

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  

 

関連ページ一覧

ノンシリコンシャンプー使用で染まりやすくする

シャンプーicon シリコンが配合されているシャンプーの成分表には、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランという名前が表示されています。どれもシリコンです。ノンシリコンシャンプーは、ノン(否定)シリコンシャンプーですので、これらの成分が含まれていません。⇒白髪染めが染まらない!!の絵にあるようにノン...

≫続きを読む

浴室乾燥機で染まりやすくする!!

浴室4 温風 お風呂の天井に浴室乾燥機が備え付けられていれば、とてもラッキーです。たいていの浴室乾燥機には、暖房モードがありますので寒い時期には入浴30分前くらいから温めると、暖かい状態で入浴できます。その温め時間を流用して、浴室乾燥機の温風で染まりを大幅改善できます。冬場は入浴する前に30分程度温めますので、白...

≫続きを読む

白髪染めの染まりを良くする8つの方法!知らないと損!

あったかい 1、白髪染めを塗る量2、温めること、湿度も大事3、放置時間4、ノンシリコン5、髪の部位で染まりが違う6、乾いた髪、濡れた髪7、ブロッキング8、染める前に勝負は付いている!染める映像でイメージをつかむ髪にやさしい無添加天然素材の白髪染めに共通する、染まりを改善する方法。市販の2液式と違って結構デリケー...

≫続きを読む

効果抜群!新たなブロッキング手法で染まりとやる気をUP!

女性髪 2日に一度の白髪染め、決め打ちして2日に一回と決め必ず染める。えー。2日に一回?多くないですか?すでに嫌な顔をしたあなた!まあ、説明をしますので、良いか悪いかはそれから判断してくださいね!白髪染めを一気にしないってことです。ブロッキングして今日はここ、あさってはここ、という具合。3〜4か所ぐらいにブ...

≫続きを読む

【何がまずいの?】自分で染める白髪染めと美容室の両方使い!!

illust1_02_w600 自分で染めたり、美容室で染めたり、行ったり来たりをするとまずいことになるって? どういうこと?ほんとうは、美容室で白髪染めをしてもらったほうが楽だし、そうしたいのをガマンして自分で白髪染めをしているんです。金銭的にも楽だし。でも、たまには美容室で白髪染めをしてもらい、プロの仕上がりを楽しみた...

≫続きを読む

頭皮脂が多く分泌されると染まらない。特に乾いた髪の白髪染め!

基礎代謝 女性 頭皮脂が多すぎると染まりが悪くなってしまいます。頭皮脂の脂って、動物性のあぶらのことです。つまり、人の頭皮のあぶらのことです。頭皮から脂が出るっていうことです。頭皮の毛穴から分泌されます。あぶらが頭皮から出てきて頭皮の毛穴や、髪に付着するんです!毎日出ます。そうなると、白髪染めの染め液があぶらではじ...

≫続きを読む

アミノ酸系・ノンシリコンシャンプー特集!白髪染めの染まりを決める!

シャンプー1 アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーのオススメ!ノンシリコンだからシャンプー後の髪にシリコンの蓄積なし。アミノ酸系なので、洗いすぎず、適度な皮脂が残せる。アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーは、この2点が重要です。ここにリストしたシャンプーはどれも、無添加・天然由来成分でできたシャンプーという特長があり...

≫続きを読む

page top