アウトバストリートメント・白髪染めの用語集

アウトバストリートメントは
   洗い流さないトリートメント

 

 

 

女性_髪_ダメージとつやつや

インバストリートメント
 お風呂でする、普通に言うトリートメント
 シャンプー後に塗って、待って、洗い流すタイプ

 

アウトバストリートメント
 お風呂から出た後にするトリートメント
 タオルドライ後に塗って、ドライヤーで乾かし、洗い流さないタイプ

 

バス(お風呂)を基準に中と外、洗い流すか流さないかの違いがあります。

 

インバストリートメント

従来どおりに、何も断りなしにトリートメントと言ったらインバストリートメントのことです。シャンプー後にお風呂で行うトリートメントです。

 

髪が濡れているシャンプー後は、キューティクルが開いていますので、トリートメント成分が髪の内部に浸透します。

 

傷んだ髪、ダメージを髪の毛の中から補修したいのならインバストリートメントがオススメになります。

 

 

アウトバストリートメント

近年人気なのが洗い流さないタイプのアウトバストリートメントです。

 

アウトバストリートメントの主な目的は、髪の表面をガードすることです。洗い流さないため、成分が髪の表面に残り一日中髪をケアしてくれます。

 

ガードとは、紫外線による乾燥、ニオイ、ホコリなどから髪を守ることです。

 

また、洗い流さないので、翌朝まで成分がゆっくり浸透し、保湿と補修を行ってくれます。手触りとツヤなどの髪の質感を良くする働きもあります。

 

 

 

インバス、アウトバスどっちがいいの?

トリートメントに2種類あると、どちらにすればよいのか悩みますよね。

 

楽で、効果があって、安くて、気持ちが良くなるような方にしたいんです!なんて思いますよね。

 

髪のダメージ補修を目指す場合は、インバストリートメントです。ひどく傷んだ髪の補修なら同じインバストリートメントのヘアマスクです。

 

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアマスク

 

髪の表面のケアとガードを目的とするならアウトバストリートメントです。

 

両方試してみて、状況によって使い分けるのが良いと思います。両方やってもよいみたいですよ。

 

アウトバストリートメントの注意点

アウトバストリートにも間違った使い方をすると効果がでないばかりか、髪と頭皮にとって良くないこともありますので予備知識が必要です。

 

1、水気を残したままで使用しない

タオルドライ

洗い流さないトリートメントは、水気をなくした状態で塗ることが必要です。タオルドライを行った後に使用してください。水気が多いと適量が塗布できなくなってしまいます。その結果、浸透するべき量も少なくなってダメージ補修、ガード効果が薄まってしまいます。

 

2、つけすぎには良くありません
気持ち的には、多めにつけて効果をアップしようと努力してしまうかもしれません!

 

でも、適量というものがあります。髪が吸収できる許容量を超えてしまうとそれ以上の効果のアップが望めないばかりか、頭皮について悪影響を及ぼしかねません。
多めにつけて効果アップを狙っているのに、むだになったらもったいないです。

 

さらに、多めにつけたことにより、髪がべたついたりしてもよくありません。

 

次の日に乾いた髪に塗るタイプの白髪染めを行おうとしているなら、アウトバストリートメントは控えたほうが良いと思います。何もない状態のほうが染まりが良いのです。

 

白髪染めの染まりを良くする8つの方法!知らないと損!

 

 

3、頭皮にはつけない
頭皮にも優しい成分でできているので大丈夫となっている製品もありますが、もちろん頭皮に付けないほうが良いです。洗い流さないアウトバストリートメントは、頭皮についてしまうと一日中頭皮をコーティングすることになってしまいます。
育毛剤ではありませんので、育毛の効果が期待できないばかりか、頭皮の健康にとってもよくありません。髪だけに付けるように注意が必要です。

 

 

まとめ

インバストリートメントは、髪の内部に浸透し、髪を補修。
アウトバストリートメントは、髪の表面に付着し、ガード。

 

注意点、
アウトバストリートメントは、髪に塗る、頭皮に付くと良くありません。

 

 

 

 

 

 

 

≪9年連続アウトバストリートメント売上1位≫ラサーナ海藻ヘアエッセンス

 

ラサーナ海藻ヘアエッセンス

 

 

 

 

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

 

 

 

 



  無添加・髪にやさしい白髪染め

  

 

関連ページ一覧

フコイダン

ガゴメ昆布 今人気の白髪染めトリートメントに配合されている髪のケア成分です。フコイダンとは、ワカメやコンブ、メカブなどの海藻類のヌメリ成分に多く含まれる天然成分で粘質多糖類の一種です。フコイダン(英語名:fucoidan)という名前は、1913年、ウプサラ大学所属のスウェーデン人科学者 H・Z・キリン (H. ...

≫続きを読む

染毛剤、染毛料

ヘアカラー1 染毛剤と、染毛料は、漢字で剤と料の違いがあります。染毛剤 ヘアカラー(白髪染め、おしゃれ染め)2液を混合するタイプ    黒色の髪を明るい色に染毛することもできます。染毛料 今人気のある無添加・白髪染めヘアカラートリートメント    (ヘアマニキュアタイプ)黒色の髪を明るい色に染毛することは    ...

≫続きを読む

エイジングサイン

shiraga_woman エイジングサインとは?まず、エイジングとは、時を経る事です。 そして、時を経て変化し、その結果・・・・・今までと違う状態になります。以前と違う!というのがサインです。髪も加齢します。 若いころは、あんなにツヤやボリュームあったのに・・・・白髪を見つけた・ツヤがなくなった・コシがなくなってペタンコ(分...

≫続きを読む

おしゃれ染め 白髪染め

おしゃれ染め_白髪染め ヘアカラー(カラーリング)は髪の色を変化させることの総称ですので、おしゃれ染め、白髪染めのどちらもヘアカラー(カラーリング)です。おしゃれ染め(ファッションカラー)は、黒髪を違う色に染めるもの。白髪染めは、白髪(白くなった髪)を染めるもの。おしゃれ染めは、黒髪を染めるのが目的なので、明るく脱色しなが...

≫続きを読む

白髪染め、染まるしくみ ヘアカラートリートメント、ヘアカラーの違い

髪の構造 天然無添加のヘアカラートリートメントと従来の2剤を使うヘアカラーは染まる仕組みが違います。その染まりかたの違いからくる特長も違ってきます。天然無添加・ヘアカラートリートメント髪の表面に付着し、さらに、キューティクルのすき間から入り込んだ染毛料で染まる。シャンプーするたびに少しづつ溶け出して色落ちして...

≫続きを読む

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアマスク

ヘアマスク リンス髪の表面をコーティングして指通りを良くするのが目的で、サラサラな髪になります。また、リンスに含まれる油分がキューティクルの傷みを抑え髪のパサパサを防ぎ、同時に髪の水分の蒸発を抑えます。なるべく頭皮につけないようにする。リンスは、髪の毛に対して効果を発揮するもので、頭皮に付くとリンスの成分で毛穴...

≫続きを読む

女性用白髪染めと男性用の白髪染めは何が違うの??

髪にやさしい白髪染め 女性用白髪染めって、男性が使ったらまずいの? その逆は?大丈夫です。男性が使っても女性っぽくなるわけではないようです!じゃ、なんで女性用、男性用がある?市販の白髪染めには、女性用、男性用と分けて売られていますね。女性用、男性用白髪染め、違いはいくつかあります。           放置時間     ...

≫続きを読む

自分で染める白髪染めの種類、違いをわかった上で選んでいますか?

illust1_02_w600 白髪染めにはいろいろな種類があって、迷ってしまいますよね。違いをわかった上で選びましょう。それぞれかなり違いますよ!美容院で白髪染め2液式(1剤-アルカリ剤、2剤-酸化剤)の染毛剤を使用。それぞれの髪の性質、状態に合わせて量を調整し、白髪染めによるダメージが少なくなるようにしながら好みの色に染めるの...

≫続きを読む

利尻ヘアカラートリートメントが元祖!無添加・天然素材の白髪染め!

利尻ヘアカラートリートメント 髪にやさしい白髪染め(無添加で天然素材使用)を最初に作ったのは、利尻ヘアカラートリートメントを発売しているピュールという会社です。「自然派clubサスティ」というブランド名で販売しています。知っていましたか?          ホームページは⇒株式会社ピュール元々は、化粧品のOEM製造から始めたよう...

≫続きを読む

HC染料、塩基性染料、天然色素がヘアカラートリートメントの染料!

HC染料_塩基性染料 HC染料  (キューティクルのすき間から浸透して発色)塩基性染料 (髪の表面でイオン結合し発色)天然色素  (髪の表面でに付着し発色)この3つの染料が髪と頭皮にやさしいヘアカラートリートメント、カラーシャンプーの染料に使われています。実際のところ、天然無添加のヘアカラートリートメントは、植物性の染料...

≫続きを読む

アウトバストリートメントは洗い流さないトリートメント

女性_髪_ダメージとつやつや インバストリートメント お風呂でする、普通に言うトリートメント シャンプー後に塗って、待って、洗い流すタイプアウトバストリートメント お風呂から出た後にするトリートメント タオルドライ後に塗って、ドライヤーで乾かし、洗い流さないタイプバス(お風呂)を基準に中と外、洗い流すか流さないかの違いがあります...

≫続きを読む

髪と頭皮にやさしい白髪染めヘアカラートリートメントも注意が必要!

文書 パンフレット、メーカーのホームページに小さい文字で書かれている「ご使用上の注意」、「ご使用前に必ずお読みください」読んでますか?多分読まないですよね!購入前に読まれる方は少ないですよね。だって、どれだけ良く染まるか?どれが一番染まりがいいのか?値段は?っていう感じで必死になっているときにそんなところ...

≫続きを読む

無添加の白髪染めってどんな白髪染めなのでしょうか?人気らしいけど?

天然無添加 無添加の白髪染めってどんな白髪染めなのでしょうか?髪と頭皮にやさしい天然無添加の白髪染め。ヘアカラートリートメントのことですね!天然素材をふんだんに使用した、無添加の白髪染め。髪と頭皮にやさしそうです。添加(てんか)あるものに何かを付け加えること。添えること。無添加とは、添加していませんよ!というこ...

≫続きを読む

白髪用ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い

ヘアマニキュア 白髪用ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントは違います。ですが、ヘアカラートリートメントの説明に、「本品はヘアマニキュアです」とか、「ヘアマニキュアタイプ」とか書いてあったりします。よくわからなくなったりしませんか?ヘアマニキュア白髪用ヘアマニキュアヘアマニキュア・タイプヘアカラートリートメントヘ...

≫続きを読む

page top