染毛剤、染毛料

ヘアカラー 染毛剤と、染毛料は、漢字で剤と料の違いがあります。

染毛 ヘアカラー(白髪染め、おしゃれ染め)2液を混合するタイプ
    黒色の髪を明るい色に染毛することもできます。

染毛 今人気のある無添加・白髪染めヘアカラートリートメント
    (ヘアマニキュアタイプ)黒色の髪を明るい色に染毛することは
    できません。

薬事法上の区分に応じて医薬部外品を「染毛剤」、化粧品を「染毛料」と呼んで区別しています。

医薬部外品には、おだやかな薬理作用(薬として体に作用する)が認められた成分が配合されており、「有効成分」としてその成分名や効果効能を表示することができます。 (医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間的なもので、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないもの)
化粧品は、「人体に対する作用がおだやかなもの」でなければいけないため、効果効能としてうたってもよい項目が限られています。

 

つまり、医薬部外品のほうが、化粧品よりも効果効能が大きいというのが普通です。  髪の毛の色を染めることをヘアカラーリング(英語)と言い、下図のような種類に分けられます。 医薬品 医療機器等 法区分(意味が分かりやすいように空白を挿入してみました)で大きく医薬部外品と、化粧品に分かれます。 カラーリング

 
染毛剤は、 医薬部外品で、ブリーチタイプやヘアダイタイプなどのヘアカラーがこれにあたります。 永久染毛剤とは、一度染めたら長期間持続するため永久と呼んでいます。 効果は比較的長持ちしますが、 髪へのダメージが多少あることがデメリットです。
 
染毛料は、 化粧品に分類され、ヘアマニキュアタイプのヘアカラーがこれにあたります。 半永久染毛料とは、一度染めても長期間持続することが難しいため半永久と呼んでいます。 白髪染めヘアカラートリートメントはこれに相当し、色を保つには、繰り返し染める必要があります。 効果が比較的短いのがデメリットですが、 髪へのダメージが少ないのが特長です。

 

今、人気の、髪と頭皮にやさしい白髪染めは

利尻ヘアカラートリートメント